●和を紬ぐ展 作品

Img_f5542f6574144e6df77b2addcc6986c5
ジーンズに昇り竜 下絵なしの一発本番描き
Img_cb0af2af2b7dccbe2d782c6af0c1455f
ジーンズに昇り竜 拡大
Img_5ccab9de35c4d69a1812c2a79c54994a
留袖の柄の糸菊をそのまま反物に描きタペストリーに
2008年の10月 岡崎市の中心にて空襲を免れ築150年のたたずまいを
そのままに残す 江戸古民家 石原邸にて「和を紬ぐ展」を開催しました。
フローリストの平野弘明氏、陶芸家の太田優子氏そして私の3人の
コラボレーションでしたが、古い屋敷、華、器、友禅 この内のどの一つが
欠けてもあの素晴らしい空間は作りあげられなかったであろうと、今でも
そう思います。
一部ではありますが、その時の雰囲気を多少でも感じていただければ
幸いです。
Img_819591e57acf005f612335baa18b1186
コスモスと振袖
Img_6e0f429c4731df7234245f272596c7e9
振袖
Img_59872f1445b945ce081c70dd75c7b419
振袖 部分